憧れの職業!社会保険労務士のお仕事とは?

どんなお仕事をするの?

社会保険労務士という言葉はよく聞きますが、具体的にどんなお仕事をする職業なのかよく分かりませんよね。手に職のある安定した職業のイメージがあるので、何となく興味がある方も多いのではないでしょうか。それでは、社会保険労務士のお仕事について詳しく見ていきましょう。社会保険労務士は、健康保険や雇用保険、労災保険等への加入や脱退に関する書類を作成したり、提出を代行したりするお仕事をします。これは、社会保険労務士にしか許されていない仕事です。

社会保険労務士にしか許されていないその他の仕事とは

社会保険労務士にしか許されない仕事は、健康保険などの書類を作成したり提出を代行することの他に、労働者名簿の作成や賃金台帳の作成、就業規則の作成などがあります。10人以上の労働者を使用している使用者は就業規則を作成して労働基準監督署に届けなくてはいけないと労働基準法で定められているので、就業規則の作成は非常に重要なお仕事です。就業規則は、会社ごとの実状に合わせて作成されるので、会社によって内容が全く違います。

就業規則を作成することの重要性とは

就業規則の内容によっては、従業員とのトラブルを未然に防ぐことができます。就業規則に不備があると労働基準監督署から是正勧告を受けてしまったり、もし訴訟を起こされた場合には会社が不利な立場に立たされることも考えられます。このように、就業規則を作成するのは大変重要なお仕事なのです。必要な場合は、作成中の就業規則の内容について、従業員へ説明するのも社会保険労務士のお仕事です。また、完成した就業規則を労働基準監督署に提出するのも社会保険労務士が行います。

社会保険労務士の就業規則を作成するためには、評判の良い専門家の在籍している事務所の料金体系や納期などを調べてみましょう。