意外なリスク要因の一つ!?信用取引における金利対策

信用取引には金利がかかる

株の信用取引とは、証券取引所や証券会社から資金や株を借り、それを元に株取引を行う手法のことです。取引規模が拡大できる他、株取引では本来できない空売りができるようになるため、大変利便性が高い取引として知られています。株の初心者や、FXや先物取引といった売買双方の注文発注に制限が無い取引に慣れ親しんだ人の中には意外と知らない人もいますが、株の信用取引は有価物を借りるという手順を踏むことになるため、その借用期間に応じた金利を払う必要があります。

株の信用取引では金利がリスク要因になる

株の信用取引には手数料と別に金利がかかってくるため、現物取引と比較してより多くのコストがかかるということになります。コストは証券取引において一定のリスクになることは当然ですが、信用取引の場合はそれだけでは済まないことが多々あります。信用取引は損失額も拡大しやすいため、厳格な損切のシステムを持っていない人が行うと、どうしても取引の手を止めて塩漬けにしやすい側面があるのです。信用取引の建玉を塩漬けにしてしまうと、金利が雪だるまのように増えて巨額の損失を生んでしまうのです。

金利で損失を出さないためには

信用取引において金利を大きなリスク要因としないためには、信用取引の建玉を保有する期間を短くするより他ありません。証券会社の中には、デイトレードで即日決済すれば金利をかけないようなサービスを打ち出している所もありますが、とにかく保有期間を1日も短くすることが肝要です。また、明確な損切ラインを設定し、それにさわれば厳格に即実行するような心構えも必要です。保有期間が定められている制度信用取引を活用するのも一つの手段と言えます。とにかくあらゆる手段を用いて信用取引にかかる金利の増加を防ぐ手段を講じるのが、信用取引で生き残るためには必要です。

株の信用取引の金利は意外に見落としがちな落とし穴です。金利の差は各証券会社わずかコンマ数%ですが、そのコンマ数%で年間換算をすると大きな差が出てきます。金利の差も慎重に見極めましょう。