ファション業界のいろいろなお仕事を知ろう

ファッション業界にはいろいろな職種がある

ファッション業界の仕事というとどんなイメージが思い浮かびますか?ファッションショーで活躍するデザイナーやファッション・モデルの華やかな姿を思い浮かべる人もいるかもしれませんね。しかし、ファッション業界には実にさまざまな職種があり、どのお仕事も欠かすことができない重要な役割を担っています。ファッション業界の仕事を大きく分けるとすると、洋服を作る仕事、ファッションを伝える仕事、そして売る仕事の3つに分類できます。

それぞれの仕事に違う魅力がある

洋服を作る仕事には、ファッション・デザイナーやパンタナー、サンプルメーカーなどがあります。また、服を作る家庭で生産管理を行ったり、品質管理をする人も必要ですよね。1着の服が作られて私たちの手元に届くためには、実にたくさんの人たちの目に見えない仕事に支えられています。次に、ファッションを伝える仕事には、スタイリストや広報、営業などのお仕事があります。美しい体型で服をカッコよく着こなし、見る者に洋服の魅力を伝えるファッションモデルも、この「伝える」という仕事に含まれるでしょう。

洋服を売るのにも知識が必要

最後に、出来上がった洋服を一般消費者に販売するという大切なお仕事が残っています。これは、ショップの店員さんの役割です。数ある洋服の中から、お客さんの要望にあった洋服を見つけたり、アドバイスをしたりするお仕事になります。生地についての質問や、着こなしについての提案など、販売のお仕事をするのにも服飾についての幅広い知識が必要とされます。ファッション専門学校を卒業して、人気ショップの店員として活躍している人も多いんです。

服飾の専門学校は、服飾関係のことをしっかりと学べるところであると言えます。また、学校によって専門性が選べるところもあると思われます。