よくわからない!相続税の相談をするなら税理士へ

難しくてよくわからない相続税

相続税とは、人が亡くなった際にその人が持っていた財産が相続人へ転移するときに発生する税金のことをいいます。全ての相続人に課されるわけではなく、取得した財産の価格の合計が一定額を超えた場合にかかることになります。しかし、ただでさえ人が亡くなっている忙しいし悲しいときにそのような煩雑な物事は手が回らない、手を付けたくないことが多くありますよね。そのようなときに相談できる相手が税理士です。税理士は、税に関するあらゆる相談にのってくれます。

税理士って何をするのか

税理士とは、税務に関する専門家のことであり、申告納税制度にのっとって納税義務者へ適正な納税の実現を図ることを仕事にしている人たちのことうをいいます。こう聞いてもよくわかりませんが、確定申告の際に必要な各種税金の申告や申請、書類の作成、手続きを行ってくれる人です。もちろん、相続税に関する相談や申告、書類作成の依頼をすることができます。税理士に相談すれば、どれをどの程度相続できて、その相続にはいくらの税金がかかるかがわかります。

相続税に適した税理士とは

税理士ならば相続税の相談には乗ってくれますが、税理士にも得意分野があります。相続税、消費税、所得税、法人税などの得意分野がそれぞれにあり、日本にいるたいていの税理士は法人税が専門です。相談をするならば、もちろん相続税を専門には使っている税理士へ相談したいですよね。相続税専門の税理士を選ぶには、相談実績ではなく申告実績を調べること、その税理士事務所のホームページを調べることなどをする必要があります。

相続税の相談は相続税の税理士がおすすめです。誰にいくらかは勿論のこと、有効な遺言書の書き方から渡したくない相手がいるなど、相続に関するあらゆる相談に乗ってもらえます。