いざという時にあわてないために!相続の準備3選

税理士は頼もしい味方

一家の世帯主が亡くなると、その配偶者や子ども(孫)などに遺産が分配されます。これが遺産相続です。相続の手続きを行うためには、税務署か税理士に相談すると手続き内容を教えてくれます。税理士は、実際に相続手続きが必要になったときだけではなく、前もって相談することも可能です。相続にかかる税金を減らすためにどんなことができるのか、スムーズに手続きをするにはどうしたらよいか、いろいろと教えてくれます。あらかじめ相談できる税理士を見つけておくと安心できます。

相続税を抑える方法はある?

亡くなった人が持っていた財産を遺族に分配すると、財産の総額に応じて税金がかかります。これを相続税と呼びます。財産が一定金額以下の場合は、相続税はかかりません。また、亡くなった人の配偶者には「配偶者の税額控除」として、課税されない金額設定が子どもや孫よりも大きく設定されています。また、生命保険の保険金にも相続税が非課税になる金額設定があります。つまり、あらかじめ生命保険に入っておくことが相続税対策の一例なのです。

相続の手続きに必要な書類

いざ相続の手続きをすることになったら、準備しておくべき書類がいくつかあります。まずは、遺産を相続する人を確定するため、戸籍謄本や住民票をそろえます。不動産がある場合は、登記簿謄本などが必要です。預貯金がどれだけあるかを証明するための残高証明書や、生命保険の保険証券なども必要になります。これらの書類を集めるにはある程度の時間と手間がかかるので、前もって書類の申請方法などを確認しておくことをおすすめします。

相続税相談をしておけば多忙な相続人も助かります。土地があった場合は登記簿謄本等の取り寄せから節税法まで、わかり易いアドバイスも受けられます。